歯科出版社がおすすめする『マウスピース・アライナー矯正』の専門書・本4選

歯科医師に向けてさまざまな臨床研究の情報を提供しているデンタルダイヤモンド社。歯内療法や歯周治療、インプラント、口腔外科など、歯科に関するあらゆる分野の書籍を扱っており、歯科業界に特化した出版社です。

近年、その利便性や審美性、快適さなどから、アライナー矯正、通称マウスピース矯正が注目を浴びています。比較的新しい治療方法ですが、需要の高まりを受け、治療製品や詳細な治療方法もどんどん幅広く、多様になってきています。そこで今回は、デンタルダイヤモンド社が提供するアライナー矯正に関する専門書を4冊まとめました。

失敗しないアライナー矯正

トラブルなく治療を進めるための「基本」と「応用」を徹底解説!

患者、歯科医師、双方に利点のある治療方法、アライナー型矯正装置を活用した矯正治療(アライナー矯正)は、患者はもちろんのこと、歯科医師にも多くの利点がある治療方法のため、今後ますます需要が増えていくでしょう。そのため、歯科医療従事者として、安全で確実な矯正を行っていくことが強く求められています。

この増刊号では、アライナー矯正のメリット・デメリット、診査 ・ 診断、適応症の見極め、基本手技、リカバリー方法といった、基本から応用までを網羅しています。「失敗しないアライナー矯正」に欠かせないスキルアップと知識のアップデートに必須の1冊です。

https://www.dental-diamond.co.jp/item/1180

正しく使おう! アライナー型矯正装置

【ゼロからマスターするアライナー矯正】反省から学ぶ 経験の共有

新しい治療方法のアライナー型矯正装置を用いた、「マウスピース矯正」は、いま最も注目されている治療方法の一つです。そんなマウスピース矯正についてまとめた一冊、『歯科医師&歯科衛生士のためのマウスピース矯正』は2021年に発刊された後、すぐに増刷するほどのベストセラーとなりました。

本書はその第 2 弾で、治療で頻出する疑問と、患者さんからよくある質問にどう答えるかという2つの切り口でまとめています。なかなか聞きにくい、調整料や追加アライナーの請求の有無などにも言及されている、臨床的にも経営的にも、痒いところに手が届く1冊となっています。

https://www.dental-diamond.co.jp/item/855

歯科医師&歯科衛生士のためのマウスピース矯正なるほどQ&A

臨床的にも経営的にも、 痒いところに手が届く!

新しい治療方法のアライナー型矯正装置を用いた、「マウスピース矯正」は、いま最も注目されている治療方法の一つです。そんなマウスピース矯正についてまとめた一冊、『歯科医師&歯科衛生士のためのマウスピース矯正』は2021年に発刊された後、すぐに増刷するほどのベストセラーとなりました。

本書はその第 2 弾で、治療で頻出する疑問と、患者さんからよくある質問にどう答えるかという2つの切り口でまとめています。なかなか聞きにくい、調整料や追加アライナーの請求の有無などにも言及されている、臨床的にも経営的にも、痒いところに手が届く1冊となっています。

https://www.dental-diamond.co.jp/item/1133

歯科医師&歯科衛生士のためのマウスピース矯正入門

いま最もニーズの高い歯科治療のハンドブック!

昨今、アライナー型の矯正治療、通称マウスピース矯正の需要が急増しています。2021年時点では、日本国内には数十種類、世界中には数百種類のマウスピース矯正装置が存在し、デジタル技術を駆使した治療計画や口腔内スキャナの利用が欠かせないとされています。

本書は、マウスピース矯正治療を始める際に必要な情報を包括的に提供しています。是非、マウスピース矯正治療の入門書としてご活用ください。

https://www.dental-diamond.co.jp/item/1020

デンタルダイヤモンド社の専門書でアライナー矯正の知識を深めよう

今回ご紹介した4冊は、どれも歯科分野の専門家の高度な知識・技術が詰まった本となっております。これからアライナー矯正治療を始める方から、最新の製品、治療方法に関する知識を深めたい方まで、臨床力向上やスキルアップにぜひご活用ください。

関連ページ

◆歯科出版社がおすすめする『小児歯科』の専門書・本7選

◆歯科出版社がおすすめする歯内療法の専門書・本10選