本のエッセンス|はじめに:臨床医のための小児歯科 Basic & Casebook

本のエッセンスは、書籍の「はじめに」や「刊行に寄せて」に詰まっています。この連載では、編集委員や著者が伝えたいことを端的にお届けするべく、おすすめ本の「はじめに」や「刊行に寄せて」、「もくじ」をご紹介します。今回は、『臨床医のための小児歯科 Basic & Casebook』です。

Contents

はじめに

 令和4年1月現在のわが国における人口構成*を見ると、0~15歳未満が約11.7%を占め、また成長期の19歳以下を含めると16.2%です。

さらに出産準備を迎えている妊産婦を加えるとおおよそ17%でしょう。この数値は、一般開業医において「小児歯科」を標榜した場合、単純な比率ではありますが、前述の患者群が患者総数の約17%として来院することを意味します。歯科医院の経営戦略として、これらの患者群を対象とすることは極めて重要であるばかりか、一般開業医として早期から患者と向き合えることは、「かかりつけ歯科医」の意義とその役割を発揮できる機会の創出ともいえます。
 さて、この患者群は極めて成長著しく、つねに変化する形態と機能、また外傷などの突発的な問題を引き起こしやすい環境にあり、対応すべき疾患や成長に応じた支援項目も多岐にわたります。では、現在の小児歯科標榜下における小児歯科医療の情報は質・量において、果たして十分でしょうか。あくまで筆者の私見ですが、他の分野と比較して医療情報の新陳代謝が少なく、大学教育当時の情報のままではないでしょうか。
 そこで、今回は単なる症例紹介ではなく、現在の小児歯科における基本的な“原理原則”と、臨床において比較的遭遇しやすい“症例の対処法”の2部構成とし、それぞれに関連性をもたせるように企画しました。
 本書後半のCase編執筆者には、可能なかぎり経過を追った症例の提示をお願いしました。歯科医療の症例報告では、10年経過を境に長期症例とされることをよく目にしますが、人生100年時代を迎える現在においては、-1歳から16~18歳までの小児の成長期中における2年間は、前述した成人における10年に匹敵するものと思われます。
 ぜひ、多くの歯科医師が本書を手に取り、単なるテクニカルな紹介ではない、執筆者のポリシーとストラテジーが投影された症例を参考に、明日からの臨床に役立てていただければ幸いです。

(*:総務省統計局人口推計より)

2022年4月
編集委員 田中晃伸

CONTENTS

編著者プロフィール
田中晃伸(たなか あきのぶ)
1981年  日本大学松戸歯学部 卒業
1986年  タナカ歯科医院(茨城県鹿島市)開業
2011年~ 日本大学松戸歯学部 臨床教授
2015年~ 明海大学歯学部 兼任講師、昭和大学歯学部 兼任講師
日本小児歯科学会 理事・専門医・指導医、日本顎咬合学会 認定医・指導医、日本歯科医史学会 理事、日本障害者歯科学会 代議員、日本歯科医学教育学会 他
仲野和彦(なかの かずひこ)
1996年  大阪大学歯学部卒業
2002年  博士(歯学)(大阪大学)
2014年~ 大阪大学 大学院歯学研究科 副研究科 口腔分子感染制御学講座(小児歯科学教室)教授
2018年~ 大阪大学 大学院歯学研究科 副研究科長、大阪大学歯学部 副学長
日本小児歯科学会 常務理事(学術委員長)、日本小児歯科学会 専門医・指導医、日本小児歯科学会 近畿地方会 会長(常任幹事)、日本歯科医学会 学術研究委員会 委員、日本循環器学会「感染性心内膜炎の予防と治療に関するガイドライン(2017年改訂版)」作成班員 他
権 暁成(ごん ひょそん)
2006年  昭和大学歯学部 卒業
同  年  総合病院 国保 旭中央病院 歯科・口腔外科 勤務
2010年  タナカ歯科医院 勤務
2016年  K DENTAL CLINIC(東京都葛飾区)開業
日本顎咬合学会 理事、日本小児歯科学会 関東地方会 幹事、日本保育保健協議会 理事、日本歯科医学教育学会、日本口腔外科学会、日本障害者歯科学会、日本口腔インプラント学会、日本嚥下リハビリテーション学会、日本サルコペニア・フレイル学会 他

https://www.dental-diamond.co.jp/item/1075