衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド

衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
Top診断力てすと > 2017年8月号 歯肉の色調異常

診断力てすと  診断力てすと


2017年8月号 歯肉の色調異常
内藤慶子 `島桂子
Keiko NAITOU Keiko HAISHIMA
浜松医療センター 口腔顎顔面センター 歯科口腔外科
〒432-8580 静岡県浜松市中区富塚町328
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
図1 術中所見。切除後
図1  右鼻翼基部を中心に軽度腫脹、色調変化は認めない
図2 切除後の検体
図2a 下唇に粘膜炎ならびに上顎右側唇頬側歯肉に暗紫色変化

衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
図1 術中所見。切除後
図2b  硬口蓋右側の粘膜が暗紫色に変化、粘膜表層では血流不良が疑われる
図2 切除後の検体
図3 骨髄移植4週間前の副鼻腔CT。右上顎洞内にあきらかな異常は認めない

患者: 47歳、女性
主訴: 歯肉の変色
家族歴: 特記事項なし
既往歴: 急性骨髄性白血病
現病歴: 治療抵抗性・再発高リスクの急性骨髄性白血病に対し、地固め療法を行うとともに骨髄移植の準備が進められ、周術期口腔機能管理として歯科介入も行われていた。地固め療法3コースまで実施して、再発、非寛解の状態で、非血縁者間同種骨髄移植が計画された。骨髄移植2日前に、上顎前歯部歯肉の色調異常に気づいた。なお、地固め療法中に、口腔粘膜炎やその他粘膜異常、頬部の異常は認めなかった。
現症: 全身所見;軽度浮腫あり。PIPC/TAZ(タゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウム)、DAP(ダプトマイシン)、MCFG(ミカファンギンナトリウム)を投与中。

口腔外所見;右鼻翼基部を中心に軽度腫脹があり、圧痛を伴っていた。発赤などの色調変化は認めなかった(図1)。

口腔内所見;上唇に軽度浮腫、下唇粘膜炎あり。上顎右側唇頬歯肉と硬口蓋右側の粘膜が暗紫色に変化し、口蓋粘膜の表層では血流不良が疑われた(図2a、b)。
臨床検査所見: 血液検査結果;骨髄移植2日前、WBC 0/μL、RBC 31,600/μL、Hb 9.8g/dL、Plt 49,000/μL。

血液検査結果;骨髄移植4週前、β-Dグルカン ≦5.0、アスペルギルス 0.0、カンジダマンナンAg <0.02。
画像所見: 骨髄移植4週間前の副鼻腔CTにて、左上顎洞に軽度の粘膜肥厚を認めたが、右上顎洞内にあきらかな異常は認めなかった(図3)。
最も疑われる疾患名は?
  1.ムーコル症(ムコール症・接合菌症)
  2.急性骨髄性白血病の紫血小板減少に伴う出血
  3.アスペルギルス症
<<一覧へ戻る ANSWER
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド