衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド

衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
Top診断力てすと > 2017年2月号 下唇部の知覚鈍麻

診断力てすと  診断力てすと


2017年2月号 下唇部の知覚鈍麻
大澤孝行
Takayuki OHSAWA
横浜市立市民病院 歯科口腔外科
〒240-8555 神奈川県横浜市保土ケ谷区岡沢町56
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
図1 初診時の骨シンチグラフィー
図1 初診時の骨シンチグラフィー
図2 初診時のパノラマX線写真
図2 初診時のパノラマX線写真

患者: 55歳、男性
主訴: 右側下顎臼歯部の疼痛および右側下唇部の知覚鈍麻(麻酔がかかったような感じ)
既往歴: ウイルス性肝炎、帯状疱疹
歯科治療歴: 10年前に右側臼歯部に歯科インプラントを施行したが、数ヵ月で脱落。
生活歴: 喫煙;20本×30年、飲酒;ビール1本、焼酎1合/日
現病歴: 2週間ほど前に上記主訴を認め、当院神経内科を紹介され、受診。精査目的に入院加療となった。局所的因子が疑われ、当科を受診した。
現症: 全身状態は良好。原因不明の外転神経麻痺(複視)を認め、ビタミン剤を服用中。開口障害はなし。神経孔部のトリガーポイントはあきらかではない。右側下唇からオトガイ部皮膚にかけて知覚鈍麻(二点識別検査:4〜5mm)を認めた。右側下顎臼歯部は欠損し、疼痛を認めた。歯肉の発赤腫脹、骨露出はなし。
臨床検査所見: 血液検査では、特異的所見なし。髄液検査では、細胞数の増加はなく安定。
画像所見: 占拠性病変はあきらかではなかった。骨シンチグラフィー(図1)で前頭骨への集積を認めたが、顎骨への集積は軽度であった。MRIの脂肪抑制像で、右側下顎骨部および前頭骨、第3頸椎部に高信号を認めた。パノラマX線写真(図2)では右側下顎臼歯部に骨硬化像を認めた。顎骨骨髄炎としても矛盾しない所見を得た。
最も疑われる疾患名は?
  1.下顎骨骨髄炎
  2.下顎骨腫瘍(固形癌)
  3.造血器腫瘍
  4.三叉神経痛
  5.脳腫瘍
ANSWER
<<一覧へ戻る
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド