衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド

衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
Top診断力てすと > 2017年4月号 右上顎前歯部の無痛性腫脹

診断力てすと  診断力てすと


2017年4月号 右上顎前歯部の無痛性腫脹
奥山秀樹 土屋沙枝子 中西義崇
Hideki OKUYAMA Saeko TSUCHIYA Yoshitaka NAKANISHI
佐久市立国保浅間総合病院
歯科口腔外科
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
図1 初診時の口腔内写真
図1 初診時の口腔内写真
図2 パノラマX線写真
図2 パノラマX線写真
図3 CT画像
図3 CT画像

患者: 22歳、男性
主訴: 右上顎歯肉の腫脹
既往歴: 特記事項なし
家族歴: 特記事項なし
現病歴: 2ヵ月前より右上顎前歯部に無痛性の腫脹を自覚していた。症状に変化がないため、当科受診となった。
現症: 体格中等度、栄養状態良好、発熱なし。口腔外所見では右鼻翼から頬側にかけて骨様硬で無痛性のび漫性腫脹を認めた。口腔内所見は、右上32頬側歯肉に正常粘膜で被覆され、骨様硬の半球状の膨隆を認めた(図1)。自発痛、圧痛はともになかった。また、右上32はともに生活反応(+)であった。
画像所見: パノラマX線写真にて、右上2右上3の歯根間に、類円形の境界が比較的不明瞭なX線透過像が認められた。また、歯根離開が認められたが、あきらかな歯根吸収は認められなかった。歯槽硬線は不透過像と接する部分で消失していた(図2)。
 CT画像にて、右上321の歯根を含む直径22×20×19mm大のやや不整形の透過像を認めた。病変は唇側へ膨隆し、唇側皮質骨が一部菲薄化して連続性が消失していた。また、鼻腔底を軽度に挙上していたが、上顎洞への交通は認めなかった。病変周囲の骨は粗造であった(図3)。
最も疑われる疾患名は?
  1.球状上顎嚢胞
  2.エナメル上皮腫
  3.歯原性線維腫
  4.角化嚢胞性歯原性腫瘍
ANSWER
<<一覧へ戻る
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド