衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド

衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
Top診断力てすと > 2017年4月号 下顎の違和感

診断力てすと  診断力てすと


2017年4月号 下顎の違和感
小笠原健文
Takefumi OGASAWARA
町田市民病院 歯科・歯科口腔外科
〒194-0023 東京都町田市旭町2-15-41
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
図1 初診時のパノラマX線写真
図1 初診時のパノラマX線写真
図2 初診時のCT画像(矢状断)
図2 初診時のCT画像(矢状断)

患者: 30歳、女性
主訴: 右側下顎の違和感
既往歴: 特記事項なし
家族歴: 特記事項なし
現病歴: 約2ヵ月前から右側下顎に違和感を生じていたが、疼痛などの症状はないため、そのまま放置した。約2週間前に同部の違和感が増強し、軽度疼痛を認めたため、歯科医院を受診し、X線にて下顎骨に異常所見を指摘された。精査加療目的に当科を紹介され、来院した。
 22年前に某大学附属病院口腔外科にて同部の手術を行っており、下顎骨嚢胞の診断であった。また、15年前に再発し、同病院で再手術を施行したものの、診断名は不明であった。
現症: 体格中等度、栄養状態は良好であった。右側頬部に腫脹はなかった。また、欠損した右下7部歯肉に発赤、腫脹などの炎症所見および知覚鈍麻はなかったが、軽度圧痛を認めた。
血液検査: 特記すべき所見はなかった。
画像所見: パノラマX線写真では、欠損した右下7部骨内に、多房性、泡沫状の透過像を認め、右下6の遠心根は吸収していた(図1)。CT画像では同部に細かい泡沫状の隔壁を有しており、内部に石灰化像はなかった。境界は比較的明瞭で、周囲への浸潤は認めなかった。また、下歯槽神経には近接していなかった(図2)。
最も疑われる疾患名は?
  1.エナメル上皮腫
  2.歯根嚢胞
  3.下顎骨中心性がん
  4.歯原性粘液腫
ANSWER
<<一覧へ戻る
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド