衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド

衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
Top診断力てすと > 2017年3月号 頬部の腫瘤

診断力てすと  診断力てすと


2017年3月号 頬部の腫瘤
山本俊郎 金村成智
Toshiro YAMAMOTO Narisato KANAMURA
京都府立医科大学大学院 医学研究科
歯科口腔科学
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
図1 皮膚科受診時の顔貌写真
図1 皮膚科受診時の顔貌写真
図2 歯科受診時の顔貌写真
図2 歯科受診時の顔貌写真
図3 CT画像。左下6頬側皮質骨に骨吸収像がみられる
図3 CT画像。左下6頬側皮質骨に骨吸収像がみられる

患者: 21歳、女性
初診: 2009年8月
主訴: 左側顎下部の膿瘍
現病歴: 1年前から左側頬部に黒色の陥凹を認め、圧痛を自覚するも放置。1ヵ月前から同部より排膿を自覚したため、近医皮膚科クリニックを受診後、本学皮膚科に紹介受診(図1)。その後、症状の増悪を認めたため(図2)、精査・加療目的に当科へ照会受診となった。
既往歴: 特記事項なし
家族歴: 特記事項なし
現症: 全身所見;左側顎下部の皮膚に20×10mm程度の膿瘍。膿瘍中央部は組織欠損がみられ、周囲に隆起や硬結はみられないが、排膿を認める。体温37.1℃、左側顎下リンパ節に軽度の圧痛を有するが、血液検査所見では特記事項はなかった。

口腔内所見左下6;歯冠部分に垂直性の破折線を認めるが、動揺はみられない。また、歯肉に炎症所見はみられない。
画像所見: パノラマX線画像では、左下6の根尖部分に大きさ約17×9mmのX線透過像を認める。CT画像では、左下6の根尖部分に頬側および舌側皮質骨に一部骨欠損を有し、大きさ約13×11×11mmの境界明瞭な透過像を認める(図3)。
最も疑われる疾患名は?
  1.放線菌症
  2.外歯瘻
  3.表皮嚢腫
  4.脂肪腫
ANSWER
<<一覧へ戻る
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド